2018年8月7日|カテゴリー「外国人介護スタッフ
みなさんこんにちは。
関東では久しぶりにまとまった雨が降り、ひんやりとした空気が漂っています。
ただ、今週末は台風の予報も出ているので少し心配ですね。
今後の予報も要チェックです。

さて、今回は東北で現在介護体験研修中のキルギス学生たちの様子をお届けします。
8月末頃には3カ月の研修を終えて一時帰国する彼女たちですが、
残りわずかな時間をどのように活動しているのでしょう。

技能実習に向けて外国人が介護の研修を受けているところ

施設利用者様の食事のお手伝いをしています。
元々キルギスで介護について学んできていることもありますが、
もう施設の職員の方が特別ついていなくても食事のサポートを行えるようになっています。

技能実習に向けて外国人が介護の研修を受けているところ

食事の後にお茶を利用者様に渡しているところを発見。
いい笑顔で働いてくれています!
3カ月の間キルギスの学生たちは働いているので、利用者様も外国人が自分たちの周りにいることや
彼ら・彼女らと話したりすることに慣れていることだと思います。
そのため、次の技能実習に向けた本格来日でも受け入れやすくなるでしょう。

技能実習に向けて外国人が介護の研修を受けているところ

移動の際のサポートももうすっかり慣れた様子。
利用者様の目線に合わせてコミュニケーションを取りながら、他の部屋に移動します。

この他にもキルギスの学生たちが介護体験をしている写真をいただいています!
次回以降紹介していきますのでお楽しみに。

実際に来日したキルギスの方の様子を見て受け入れに興味がある人は下にありますページやお問い合わせページへどうぞ。