2018年10月30日|カテゴリー「外国人介護スタッフ
みなさんこんにちは。
明日の10月31日はハロウィンですね!
元々は子供が仮装して練り歩くイベントですが、日本では大人もイベントで仮装したりしますね。
みなさんはこういうイベントに参加されますか?

さて、「外国人介護スタッフ」について調べていたところ、このような調査がありました。
介護施設がスタッフ不足で困っている、不足を解消するのに外国人技能実習制度がある…というのは皆さんご存知だと思いますが、
実際に仕事をされている人の中には「それでは解消しない」という思いがあるようです。
それはどうしてなのでしょうか?


「自分の職場に外国人介護士が来る」ことに対しての賛否

約80名の介護職(施設スタッフ、管理職や経営者など)へのアンケートで
「現在外国人介護士と一緒に働いていますか?」という質問に対して
約25%の人が「働いている」、残りの約75%の人は「働いていない」と回答しています。

また、「自分の職場に技能実習などで外国人介護士が来ることに賛成?反対?」
と尋ねたところ、賛成が約57%・反対が約43%と若干賛成が多いもののおおよそ半数ずつという結果になっています。

賛成の意見では
「様々な価値観が感じられる」
「人手が足りないので消極的だが賛成」
「施設の利用者にも外国人がいるので」というものの他、
「務めた職場に外国の方がいて、ケアがきめ細かいと感じたから」と実感した内容を話されています。

一方反対の意見では
「日本人の賃金を上げるのが先」
「以前外国人の方と働いたが、施設利用者に対しての口調が荒かった」などの意見の中で、
「利用者の方とコミュニケーションが取れるのか不安」
「利用者やその家族の理解が得られないのではないか」という不安から反対という方もいるようです。


外国人介護士を受け入れても人材不足は解消しない?

「外国人介護士を受け入れて人材不足は解消できる?」という質問に対し、82.7%の人が「そう思わない」とこのアンケートで回答しています。

「外国人の施設利用者もいるので、外国語ができるスタッフがいるときめ細かい対応ができるのでは」
「人数が増えることで時間の余裕が生まれる」
など、前向きな意見の方もいる一方で
「言語学習の壁やOJTの長期化が不安」
「日本人スタッフと外国人介護士が上手くやっていけるか分からない」
「言葉や文化、生活スタイルの違いから事故が起きたり利用者の不利益につながるのでは」
という外国人を受け入れるのに不安点が多いという意見も非常に多いようです。


初めての受け入れには不安が多い

このアンケートから考えられるのは、
「外国人介護士の受け入れについて様々な不安を感じるから受け入れていない」
という点です。

このアンケートでは約25%の人しか現状外国人介護士と仕事をしておらず、
受け入れを行っていない施設・一緒に働いたことのないスタッフの方がまだまだ多いと思われます。
その中で人手不足から外国人介護士を技能実習などで受け入れたいと考えた施設様も少なくないはず。
しかし、「言葉はどうなんだろう」「きちんと介護の技術があるのだろうか」「他のスタッフや利用者様と上手くやっていけるのか」という様々な不安から受け入れをしない・踏み切れないのではないでしょうか。
安心できるような情報を出したり事例を紹介する、相談機関などを設けるなど不安を取り除けるような仕組みがないと受け入れの普及はまだまだかかりそうです。

タツフトの外国人スタッフマッチングサービスなら本格的な技能実習生受け入れの前に3カ月のインターンシップを挟むことによって
「この人はどういう人なんだろう」という部分を実際に確認しながら技能実習として受け入れ可能です。
初めての外国人介護士受け入れに不安がある方、人手不足に困っている方はぜひご相談ください。