2018年11月13日|カテゴリー「外国人介護スタッフ
みなさんこんにちは。
先日日曜日に爬虫類や珍しい動物の販売イベントが行われていて遊びに行ってきました!
爬虫類が苦手な人も多いですが、蛇とか結構つぶらな目をしていてかわいい顔していると思うんですよね…

さて、今回は介護技能実習生受け入れのためのインターンについてお話します!
これまでも介護人材が足りなくなっていること、実際に受け入れた施設様の様子やキルギスのことなどたくさんのことをお話していますが、
実際に受け入れまでにはどんな手順を踏んでいくのかについてご説明します!
受け入れ希望の施設様にまずこのインターンの仕組みや実際にかかる費用などをご説明させていただきます!
「やってみたいとは思ってるけど、まずはちょっと話を聞きたい…」という場合でもお気軽にお電話ください。
その後本格的に受け入れを希望された場合は、実際に施設までお伺いして詳しくご説明させていただきます!


次にキルギス学生の面接を行います。
キルギス現地の学校へ行くパターンと、施設からスカイプを使って面接を行うパターンから選んでいただけます。

現地に行くには時間や費用が多少かかりますが、実際の学生や学生の通う学校の様子を見ることができるため
初回はこちらを選ばれる方が多いです。
スカイプを使う場合、学生たちの細かい様子までは掴みにくいですが施設にいながら面接ができるので
1度外国人を受け入れている、2回目以降のインターンだという施設様におすすめです。

介護技能実習に向けたキルギス学生の受け入れ

介護の技能実習に向けて就労体験を受けにきたキルギス人

面接で候補者を選んだらいよいよ来日に向けて動き出します!
ご説明時~来日に合わせて施設様には受け入れの準備を進めていただきます。
もちろん、準備しておくものなどについてはタツフトがサポートいたしますのでご安心を♪

研修生たちが空港につき、各施設様へ向かいます!

技能実習に向けて外国人が介護の研修を受けているところ

介護の技能実習に向けて就労体験を行うキルギスのインターン生

ここから研修生たちは約3カ月間の研修を行います。
その中で介護の技術や日本語、施設利用者様とのコミュニケーションを学んでいきます。

3カ月間の研修が終了すると研修生たちは一度キルギスへ帰国します。
施設様にはこの3カ月の研修生たちの様子を元に技能実習生として引き続き働いてもらいたいかを決めていただきます。
施設様側で「働いてもらいたい」、研修生側も「働きたい」と双方の意思が一致したら技能実習に向けたステップへ進みます!

マッチングが完了した場合、学生たちは技能実習として来日するために必要な日本語能力のテストに合格する必要があります。
テストに合格後、技能実習生として働けるビザを取得し再度施設様で介護スタッフとして働きます。
その際には今よりも日本語のレベルも高く、また実際働いていた時に教えてもらった介護の知識もあるので
即戦力に近い形で施設様で働くことができるのです!

また、そのテスト受験→合格発表までの期間、合格してから技能実習生として来日するまでに期間が空いてしまうので
次の介護体験研修生を受け入れ、よりスタッフ不足を解消したり他施設での受け入れを目指すこともできます。
第1回目の受け入れが終わり現在第2回目受け入れが始まっていますが、1回目で受け入れていただいた施設様のほとんどが2回目の受け入れについても実施頂いています!


外国人の受け入れというと何だか難しそうに思われるかもしれませんが、大きく分けて5ステップで受け入れを行っていただけます!
タツフトが最初からサポートを行いますので、不安な事や心配事があればお気軽にご相談いただけます。

引き続き受け入れ希望の施設様を募集しております!