2019年8月20日|カテゴリー「外国人介護スタッフ
みなさんこんにちは。
お盆休みが明けましたが皆さんいかがお過ごしでしたか?
心機一転頑張っていきましょう!

以前も取り上げていただきました「シルバー産業新聞」様の8月号に
再度外国人の介護体験研修についてタツフトを取り上げていただきました。

cb1a1faa8bb2171824e2bd9eaa850011
(クリックで記事全文を読むことができます)
既に3回目の受け入れをしてくれている施設でインタビューを行いました。
インターン生は3か月のマッチング期間が終了するとキルギスに帰国するため、
技能実習に向けて期間が開いてしまうところを次のインターン生の受け入れで補っていく形で利用いただいています。
利用者様も外国人介護士がいることに慣れていき、受け入れについて積極的になっているそうです。

今回は2度目のインターン生も併せて受け入れたため、
業務や日本語においてインターン生たちの先生役として活躍してくれる場面もあるようです。