2017年5月16日|カテゴリー「サイネージ
みなさんこんにちは!
5月も半分が過ぎましたが、先日デパートに行ったら
もう水着コーナーが設けられていました。
あっという間に夏が来るんだなぁと思いましたね。

さて、先日ホームページに新しいページを追加いたしました!
「看板・サイネージ用ナレーション/コンテンツ格安制作サービス」
タツフトではデジタルサイネージを販売していますが、
中で流すためのコンテンツの製作も行っているんです。
金額などは新ページに記載してありますのでそちらをご覧くださいね。
ここでは「なぜコンテンツ制作サービスを活用していただきたいか」をご説明します。


まず大前提として
「サイネージのコンテンツはこまめに変えた方がいい」んです。
というのも、せっかくサイネージがスライドしたり動画が流れていたとしても、
いつもいつも同じ画像・映像だと、だんだん見慣れて注目されなくなってしまいます。
だから、こまめに変えていくのがオススメなのです。

とはいえ、実際にコンテンツを変えるとなるととても手間がかかります。
飲食店であれば料理や店内の写真を準備して、
パワーポイントやillustratorなどを使って編集して画像を作り、
必要ならば画像を組み合わせて動画を作ってBGMをつけて…と、
ここまで聞いただけでも「ちょ、ちょっと無理そう…」となる方も多いはず。
ましてや、普段は店舗でお仕事をしながらその合間に、となると
なかなか時間も取れませんよね。

ですから、タツフトでサイネージもコンテンツも導入できるように
制作サービスを開始しました。

「画像が無音でスライドしているだけのサイネージ」と
「商品名や店名などをアナウンスしているサイネージ」…
どちらの方が人の意識は向けられるでしょうか?

当然、アナウンスが入っているサイネージですね。

せっかくサイネージを導入しても、
「サイネージを置いたこと」に気が付いてもらえないと意味がないですよね。
そのためには、画像や動画などの視覚だけでなく、
BGMなどの聴覚にも訴えかけることが大事です。
特に、「人の声」というのは特に人の意識を引くことができます。
街中では様々な音や音楽が溢れていますが、
その中でも人に「おーい」などと呼びかけられると耳に届くことありますよね。
同じように、サイネージも人の声を使って商品名や店名をアナウンスすることで
より多くの人に気が付いてもらえるようになります。

コンテンツだけでなく、「ナレーション入り」をオススメするのには
「気が付いてもらいやすい」という理由があるんです。

いかがでしたでしょうか?
サイネージを導入したけれどもコンテンツは放っておいたまま…なんてもったいないですよ!
ぜひこの機会にナレーション/コンテンツ制作サービスをご利用ください。

「ナレーション/コンテンツ格安制作サービス」ページはこちら