2017年6月2日|カテゴリー「サイネージ
みなさんこんにちは。
6月に入りましたが梅雨はもうそろそろでしょうか?
梅雨は雨ばかりでうっとうしく、ジメジメしたり蒸し暑かったりと苦手ですが、
アジサイが咲く季節、というのはちょっと嬉しいです。
鎌倉などアジサイの名所に出かけてみたいです。

さて、今回はデジタルサイネージのコンテンツ作成についてお話します。
前回、パワーポイントやillustratorなどでコンテンツの画像を作るところまではご説明しましたが
(詳しくは「デジタルサイネージのコンテンツ制作方法①」をご覧ください)
今回はBGMやナレーションの挿入についてご紹介します!


①BGMを探す
無料の音楽素材サイトを利用してBGMを探します。
探すときの注意点としては

・お店の雰囲気・画像の雰囲気に合っているか
(これが1番大事です)
・極端に長すぎたり短すぎたりしないか
曲が長いなら途中でカット、短いならループなどの再編集は可能か
・サイト名の記載する必要があるか
・拡張子はサイネージに対応しているか

…といったところがあります。
曲の再編集は無料で配布されている音楽編集ソフトなどをパソコンで使用すれば、
ループやカットなどは比較的簡単にできますので探してみてください。
店舗にテーマソングなどがあればそういったものを使用するのもいいかもしれませんね。


②ナレーション原稿を考える

3110

もしナレーションを行うならまず原稿を考えるところから始まります。
作成したスライド画像を元にしながら

・画像に出ている商品の名前を口にして更にプッシュする
・画像だけでは伝えきれなかったこだわりなどを言う
・呼びかける音声を入れることで注目させる
・店名をナレーションの頭や終わりに言うことで認知させる
・テンポや語呂をよくするなどして言いやすく・聞きやすい文章にする

…などを考えながら構成していきます。
通常ナレーション会社にお願いしたとしても文章(原稿)は自分でお願いします、と言われてしまうので
ナレーションを入れたいとお考えの場合は言ってほしいことをまとめておくといいです。
ただ、ナレーターさんによって得意な発音・言い回しというものがあるので、語尾や単語の言い換えなどがあったりします。

ちなみにタツフトでは原稿の作成も行います!
ホームページや口コミサイト、作成した画像を元にしながら原稿を作成しますが、
「このメニューは一押しだから特に言ってほしい!」「これにはこんなこだわりがあります」など
言いたいことをおっしゃっていただければ、もちろんそれを盛り込んで作成いたします。


③ナレーションの録音
原稿を元にナレーションを録音します。
ここまで来るとナレーターさんや録音・編集さんの仕事になるのでただ待つのみ…

録音が終われば完成は近いです。
BGMやスライド画像と合わせて動画などにします!
完成までの工程はまた次回ご紹介します!

「自分で作るのは難しい…」という方はこちらのサービスをご利用ください!
「ナレーション/コンテンツ格安制作サービス」ページはこちら