2017年4月21日|カテゴリー「SNSサイネージ
みなさん、こんにちは。
今日は午後から全員参加の「営業会議」があるんです。
発表するための資料をまとめていたり、午前中の間にやることを終わらせていたりと
少しだけあわただしいような、いつもと違う雰囲気な気がします。
なのでこのブログも午前中に更新しちゃいます!
(時間を決めて更新しているわけじゃないんですけどね)

さて今回はSNSサイネージで使える4つのSNS

・「Facebook」
・「Twitter」

・「Instagram」
・「YouTube」

より
「Facebook」「Twitter」についてご紹介します。
名前は知っていてもどんな特徴があるのか、どういった世代が多く使っているのかまでは
知らない方も多いのではないでしょうか?
お店の種類や雰囲気によってうまく使い分けることで、
より効果的な宣伝ができるはずですよ!


●「Facebook」
FB-fLogo-Blue-broadcast-2

使用している年齢層は30代・40代が多く、
匿名が基本のネットの中では珍しく「実名登録」が基本となるSNSです。
そのため、年齢や出身学校などでFacebookが知り合い候補を探し出し、
昔の友達と再び連絡を取り合えたりするそうです。
何年か前にFacebookを作り出した男性を元にした
映画も作られていましたね。

また、上にあげた4つのSNSの中では1番文章を書くことができます。
その数なんと6万文字以上
個人ブログのように日記や思ったことを書くことができる他、
企業がお知らせなどを掲載することもあります。
写真だけでなく文章でしっかりお知らせをしたい、そんな店舗などにおすすめですね。
気になった記事は「いいね」「シェア」で拡散されるので、
そこからお客さんを増やしていけるのではないでしょうか。

「Facebook」が向いている店舗例
・40代のビジネスマン向けアパレルショップ
・こだわり素材の料理が自慢、ネットで料理や素材の説明をしたいレストラン
・イベントや開花情報などを日記形式でアップしたい観光施設 …など

対象にしたいお客さんの年齢層が高い、
こだわり料理やイベントをしっかり文章で説明したい…といった方がおすすめです。


●「Twitter」
Twitter-icon

使用者は10代・20代が多いですが、30代以降でも
「書き込みはあまりしないけどチェックはしている」という人が多いのがTwitter。
日本では使用率が伸びている、利用するなら見逃せないSNSです。
140文字という短い文章の投稿なので、書く方も読む方もすぐできるのがいいですね。
Facebookに比べるとフランクなSNSなので、
企業のTwitter担当者が面白い宣伝や投稿をして人気になっています。

1度にたくさんのことは書けないので、
「今日のおすすめメニュー」「日替わりランチ」「イベント情報」など
センテンスに分けて投稿をするのがおすすめ。
「いいね」「リツイート」で拡散されれば、より集客効果が出るはず。
人気のツイートは「トレンド」という形でTwitter内のニュースにまとめられることも。
画像や動画のアップや編集もTwitter内でできます。

「Twitter」が向いている店舗例
・最新ファッションをすぐお届けしたいアパレルショップ
・その日の入荷次第でおすすめが変わる居酒屋
・「××市の物件」「**市のアパート」センテンスごとに幾つか画像を載せたい不動産屋 …など

「Facebook」とは違い文章量を必要としないので素早く投稿ができること、
読む方も短時間で目が通せることがポイントです。


いかがでしたでしょうか?
SNSサイネージに使えるSNSのうち2つをご紹介しました。
飲食店などでは「すでに運用しているよ」という方も多いのではないでしょうか。
既に運用している方はサイネージと合わせてWの集客を、
まだ運用していない方はこの機会に始めてみてはいかがでしょうか?

残り2つのSNSについては次回更新時にご紹介予定です!
お楽しみにー!

SNSと連動してコンテンツ作成不要!SNSサイネージのページはこちら

「お問い合わせ」(PC版)/「お問い合わせ」(モバイル版)
お気軽にお問い合わせください!