2017年11月10日|カテゴリー「SNSサイネージ
みなさんこんにちは!
最近寒さや乾燥のせいで手が荒れてきてしまいました。
そんな今日は「1(い)1(い) 10(手=10は英語てテン)」で「ハンドクリームの日」だそうです。
いい手になるよう、ハンドクリームをこまめに塗ってみようと思います。

さて、今日はSNSサイネージでできる「3つの表示方法」についてご説明します。
SNSサイネージは各種SNS、特に近年人気であるインスタグラムの表示に最適ですが、
「インスタグラムをどうやって表示できるの?」という疑問もあるかと思います。
今回は表示方法についてご紹介します!



公式アカウントなど、1つの決まったアカウントのみを表示させる形です。
店舗で売りたいもの・伝えたいことが1番ストレートにお客様に伝わります。
その代り、設定をかけたりきちんとSNSを更新しておかないといつまでも同じ情報を流したり、
既に終わったイベント情報が流れてしまいます。

とはいえ、SNSサイネージを導入されるお客様はSNSを更新するやる気があるでしょうし、
場合によっては本部や運営会社などが更新してくれているという店舗もあるのではないでしょうか。

店舗に置く際におすすめなのがこの形式です。


インスタグラムでは投稿した際に「これは富士山で撮った写真」といったような
「位置情報(どこで撮られた写真か)」を合わせて投稿できます。
これを使うことで一般のお客様からの投稿を表示することができるようになります。

お客様に位置情報をつけて投稿してもらうことで店舗を見つけやすくしてもらうことができ、
また観光地などでは「位置情報をつけて投稿しよう!」というようなキャンペーンを行っていることもあります。


SNSではすっかり定番となった「ハッシュタグ」を利用する表示方法です。
ハッシュタグを使うことで場所や店舗だけでなく、
特定のアイテムを使ったり撮ったりしたものをアップしてもらうキャンペーンとして活用ができます。
CMや広告などでも「この製品を使っているところを#〇〇をつけて投稿してください」といったコメントが載っていることがありますよね。
SNSサイネージを使うことで、それらのキャンペーンをネット上だけでなく店頭でも効果的に宣伝ができます。


SNSサイネージではこれらの情報をそれぞれ表示したり、複数のアカウントを順番に表示が可能です!

SNSサイネージの導入についての相談は

「お問い合わせ」(PC版)/「お問い合わせ」(モバイル版)ページよりご連絡いただくか、
03-3779-6186までお電話ください!