2017年12月19日|カテゴリー「外国人介護スタッフ
みなさんこんにちは!
つい先日引っ越しをしたのですが、部屋中が段ボールでいっぱいです…
お正月に入るまでには片付けたいのですが、年末でバタバタしている中で片付けられる気がしません。
服や靴を減らせばよかったかなぁ…と少し後悔中です。

さて、今回は「外国人介護スタッフ『インターンシップ/就労体験』」のページでご案内した
キルギスという国のご紹介をします。
ご案内するまでにキルギスという国を知っていましたか?(私は全然知りませんでした…)
今日はキルギスという国を初めて聞いた方にも分かってもらえる「キルギスはこんな国!」というものをご紹介します!


技能実習生の受け入れを行うキルギスの場所です


キルギス(正式名称:キルギス共和国)はカザフスタンや中国と隣接する中央アジアの国です。
実は国土の40%ほどが標高3000mの山になっているそうです。

矢印についている赤字に黄色の太陽が描かれている物が国旗です!
赤地は勇敢さと勇気を、太陽は平和と豊かさを象徴します。
円の中には3本線を2つ交差させた絵が描かれていて、これは遊牧民が使う移動式テントを表している物です。
人口
約600万人
首都
ビシュケク
時差
3時間
宗教
イスラム教75%・キリスト正教会20%・その他5%
平均年齢
25歳(日本:46.5歳)
平均月収
3~4万円
キルギスはキルギス人以外にもロシア人、ウイグル人、ウクライナ人など様々な人種の人が暮らしている多民族国家です。
首都のビシュケクでは旧名「フルンゼ」と呼ばれていて、『緑の街フルンゼ』という別名もあるなど風光明媚な都市として有名です。
検索すると数々の大自然豊かな観光スポットが出てきます。
気になった方は実際に検索してみてくださいね。


文化と言ってもたくさんありますが、今回はその中でも気になった「食文化」を検索してみました!

先程もご紹介しました通り、キルギスは山に囲まれているために肉を使った料理が多いです。
特に馬肉や羊肉が多く、
・馬肉のソーセージ
・羊の肝臓のロースト
・ベシュバルマク(ゆでた肉を細麺と一緒に調理する麺料理。キルギスの国民食です)
・シャシリク(羊肉を串にさして焼いたもの。輪切りの生玉ねぎと一緒に出される)
などなど、ちょっと調べただけでも肉料理が満載…おなかが空いてきます。

飲み物なら「クムス」と呼ばれる馬の乳を発酵させて作るお酒が人気だそうです。
馬の乳を使うので、アジア系の遊牧民族の間ではオーソドックスな飲み物みたいですね。

また、キルギスの人々にとって「パンとお茶」は神聖なもので、人を招いたりお客さんが立ち寄ったときは
必ずこれらを出してもてなされるそうです。

実はキルギスはとても日本に対して好感を持っている「親日国」です!
理由は様々ですが、
・顔がとても似ているから
・大戦中、拘留者がキルギスでとてもよく働いたから
・キルギスの発展に日本が多くの額を援助したから
などと言われています。


いかがでしたか?
キルギスについて少しは理解していただけましたでしょうか?
サイネージについてが多かったこのブログでは、今後キルギスや介護についてのご紹介もしていく予定です。
ぜひご覧ください!

介護についてのページはこちら
外国人介護スタッフ『インターンシップ/就労体験』

お問い合わせはこちら
「お問い合わせ」(PC版) / 「お問い合わせ」(モバイル版)
お問い合わせ電話番号:03-3779-6186