2017年11月24日|カテゴリー「SNSサイネージ
みなさんこんにちは!
昨日11月23日は「勤労感謝の日」、そしてアメリカでは第4木曜日ということで「感謝祭」が行われる日でした!
感謝祭は実りや収穫を祝い神様に感謝することが元々の意味だそうですが、今では家族や親せき、友達などと集まって楽しく過ごす日になっているそうです。
1日遅れではありますが、身近な人などに感謝の気持ちを伝えるのもいいかもしれませんね。


さて、今回はイベント会場でSNSサイネージを活用してみたいと思います!
第三者を巻き込めるSNSサイネージは、イベント会場での活用に最適です。

7d71d2de3b86122fc0f6c55d339ab8b2_s


ハッシュタグを利用してお客さん自身にイベントの楽しさをSNS上で伝えてもらうことができます。
イベントの写真はもちろん、イベントへの意気込みを表すファッションの写真や
近年野外イベント・フェスではおなじみになった「フェス飯」の写真を上げてもらってもいいでしょう。
自分で撮った写真がサイネージに表示されると、より楽しい気分になれるのでは?
また、フェスであれば当日参加予定の芸能人・アーティストの方にも投稿してもらうと思わずみんなが見てしまうサイネージに。

また、きれいに写真が撮れるブースなどを設けてそこで撮ってもらうのもいいでしょう。
イベント名などが書かれた手に持てるアイテムなどを利用するとおしゃれさと宣伝を同時にアピールできます!

もちろん、SNS上にアップしているのでインターネット上でも拡散されます!
それを見た他の人も思わずイベントに参加したくなるかもしれませんね。
現実だけでなく、SNS上にも情報が広まっていくのがSNSサイネージの利点です!


イベント当日により投稿してもらうため、ハッシュタグで投稿してくれた方に対してプレゼントをする企画などを作るのも手です。
近年ハッシュタグを使った企画はとても多く、特に若い人には「投稿するだけでプレゼントがもらえるかもしれないならやってみる!」
という感覚を持っているので投稿数が増えやすくなるでしょう。

その時のプレゼントを次回イベントでも使えるようなアイテムにすれば、次のイベントもその方が来てくれるかもしれませんね。

SNSサイネージはアイデア次第で様々な使い方が可能です!
もっと詳しく知りたい方や他の業種での使い方が気になる方は
「SNSサイネージ」
または
「お問い合わせ」(PC版)/「お問い合わせ」(モバイル版)ページよりお問い合わせください!